読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しい、パソコンを☆買いたい!

ライターと絵描きの二刀流

スポンサードリンク

Amazon Dash Button(アマゾン ダッシュ ボタン)って何ぞ?

あ~!洗濯しようと思ったら、いつも使ってるナノックスが切れてたよ!

とか言う事がしょっちゅうあるワタクシです。

 

で、アマゾンで注文か、近所のコンビニに買いに行くんですが~。

 

まぁ、ド田舎だから、近所って言っても自転車で5分って言っても、帰り道が全部上り坂なので帰りだけ15分かかるとかねー。

 

はっきり言って、苦痛だわ・・・・

 

 

そんな時、彗星のごとく現れた?のがこの~

f:id:cloise:20161205132556j:plain

 

アマゾン、ダッシュ?ボタンとな??

 

って、一体何するアイテムなんだ?

 

とか思ってたら、この記事が丁寧に~かつインタビューまで載ってたので、参考にしてほしい~。

 

japan.cnet.com

 

あ、でも、何か、リンクを貼っても見に行かない人が多い~と言う話を聞いたので、イイ感じの説明だけ抜粋すると~

 Amazon.co.jpは12月5日、ボタンを押すだけで洗剤やシリアル、おむつなどの日用品を注文できる小型端末「Amazon Dash Button(アマゾン ダッシュ ボタン)」を日本で発売した。年会費3900円のプライム会員のみが購入できる。端末価格は500円だが、Dash Buttonを使って購入した商品の初回注文の金額から500円が差し引かれるため、実質無料となる。

ほほう~

 

プライム会員だけなんですねー。

Dash Buttonは、メーカーごとではなく商品ブランドごとに販売される。当初は、花王の洗濯洗剤「アタック」や、サントリー食品インターナショナルのミネラルウォーター「サントリー天然水」、ライオンの歯磨き粉「システマ」、カルビーのシリアル「フルグラ」など、40ブランド(700種類以上)のボタンをラインアップした。端末は省電力で数年使うことができ、1000回以上の注文が可能だという。

ひょえ~!(゜O ゜;)

 

1000回以上!!

 

かなり省電力ですな!

 

って、大体主要な情報はコレなんですが、アマゾンの、アマゾンダッシュボタンの担当の方のインタビューだと~

 Amazon Dash担当ディレクターのDaniel Rausch氏は、「日用品の買い物はただの労力であり、ショッピングに行っても楽しいものではない。Amazonのミッションは、日用品のシッピング体験を消滅させることだ」と語り、Dash Buttonによって、日用品の備蓄切れのイライラや心配を解消したいと説明する。

 

まぁ、確かに、日用品だけ!買い物に行くのは苦痛以外の何物でもないわね~。

 

でも、日用品以外に、本とかお菓子を買うのは楽しいんだけどな~。

 

(って、ちょっと記事に誤字あるよね!)

 

 

とりあえず、プライム会員にならないと買えないそうなので~

ちょいとポチっとプライム会員になっておくのも手だ。

 

しかも、まだプライム会員になった事が無い人は、最初の1ヶ月目は無料でプライム会員のサービスを受けられるので、このアマゾンダッシュボタン1ヶ月無料の時に買うことが出来るぞ☆

 

(余談だか、1ヶ月無料で入っても、無料期間中にやっぱりヤメた~!ってなって会員辞めても大丈夫だったりする・・・・あくまでも余談笑)

 

とりあえず、ココからどんな世界(プライム世界)なのか、見に行ってみると良いですぞ☆

 

 

 そうそう、まずは30日間の無料体験~がお勧めなので、お試しとか気軽な感じで体験してみると良い~。

 

 

因みに、プライム会員になると、アニメが見放題とか、音楽が聴き放題とかのサービスもあるから要チェック!だ!!

 

Σ(゜ロ ゜;)おおぅ!!

 

 

と、ゆー事で、また次回☆

 

 

スポンサードリンク