新しい、パソコンを☆買いたい!

ライターと絵描きの二刀流

スポンサードリンク

記事のカテゴリが多いのでちょっと整理したけど、まだまだかなり多過ぎな件

ブログの記事のカテゴリは20個位がスッキリして見やすい~と言う話を聞いて、ちょっと整理してみたものの~

あんまり縮まりませんでした!笑

 

昨日5~6個程消したんですがね。

 

それでも60個以上のカテゴリがズラ~~~~っと並んでおります。

 

でも、細かいカテゴリに分かれている方が、どんな内容の記事を読みたいのか?とか探しやすい様な気もするんですよ。

 

f:id:cloise:20170221210904p:plain

 

 

カテゴリが20個だった場合、色んなジャンルをひとまとめにしなければならないので~

多分このブログの場合は記事が探しにくくなる気がしてなりません。

 

ライター系の記事でも、ココナラが筆頭カテゴリの記事もあれば、ワオミーが筆頭だったりランサーズの可能性もあるのです。

 

それに、文章書く系のカテゴリも、文章を書くお仕事文章を書くと言う事はと言う2つのカテゴリに分けていますが、これも文章とか言うカテゴリにまとめた方がイイ?様に見えますが、両者は似て非なるカテゴリにしないといけない~そんな内容になっているので、ちょっと同じカテゴリにまとめたくないですねー。

 

他にも、何か似てる?っぽいカテゴリがありますが、これもまた分けられているブログを見て、何かのカテゴリにまとめるのかまたは、サブカテゴリに入っているから消すのか~検討して行きたいと思っています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

でも、20個しかカテゴリが無いって言うのどうかな?と言うのはある

20個は、ジャンル分け的に少ないと思うんですよ。

 

コミケのサークル参加のジャンル分けなんか、どれ位のカテゴリがあるのか数えたことは無いですが、細かいジャンル分けまでしっかり数えるとかなりの細かさになると考えられます。

 

これが、ゲームの二次創作だから全部ゲームジャンルね!と言う分け方の場合、ゲームはゲームでも艦これの二次創作サークルに行きたい!とか、刀剣乱舞のサークルを見に行きたい!とか、自主制作ゲームのサークルはドコだ?とか混乱極まりなくなってしまう可能性があるのです。

 

だったら、人気の艦これとか刀剣乱舞だけでそれぞれ一つのカテゴリにしてしまったり、自主制作ゲームと言うジャンルで範囲を区切ろう~とか、そんな風に来た人が目的のサークルに行きやすい様にしているのです。

 

つまりブログも同じで、カテゴリが少なくてしかも雑記としか書かれていないと、雑記の中でも特に休日の事を書いている雑記を読みたい!と思った時に、全然見つからない!と言う事になってしまうのです。

 

雑記と言うカテゴリに配置したとしても、サブカテゴリ設定で休日とでも入れておいてほしいですね。

 

カテゴリ設定は1個じゃないといけないってワケじゃないので~。

 

下位のカテゴリも設定しておくと、検索して来てくれた人も記事の内容がカテゴリ分けだけで分かって良いと思いますよ。

 

 

カテゴリを少なく設定している人は~

昔の記事を読んでもらいやすくするためには、カテゴリは細かくてもイイんじゃないか?って思います。

 

特に、今までの作成記事数が多い人なんかは、雑記だけで100を超えている~人も多い事でしょう。

 

すると、その100個の雑記の中から1個のお目当ての記事を探す苦痛を、訪問してくれた人に感じさせてしまう可能性が高まるのです。

 

だったら、20個のメインカテゴリの下に、サブカテゴリである10~20個を配置するだけでもかなり過去の記事を探しやすくなるのでは?と思うのですが、どうでしょう~?

 

まぁ、この辺は、各々の方針になってくるのであんまりとやかくは言いませんが、ただ色々ジャンルがあった方が分かりやすいかも知れない!

 

と言う話でした。

 

そんな感じで、また~。

 

 

スポンサードリンク