新しい、パソコンを☆買いたい!

ライターと絵描きの二刀流

スポンサードリンク

初参加イベントに参加する時は、事前に深く掘り下げたリサーチをする必要がある

別のイベントでそこそこの知名度を持ったとしても、初参加するイベントでの知名度はゼロだと言う事を忘れてはいけない

のだった。

 

つまり、過信は万死に値する

 

今回、過信が全てを占った気がする。

初参加なのに神対応だった叶姉妹のサークルは、神対応を評価するよりもリサーチ力を評価するべき!

ですな。

 

これは本当に神にも等しい

 

初参加なのに、10回以上コミケにサークル参加しているサークルなのに未だに対応が良くない壁サークルも多いので、是非見習って欲しい。

 

叶姉妹の凄い所は、自分たちに注目が集まる事を知ってい長蛇の列になる事を見越している事から、販売冊数以上の人数が並んだ場合は部数分の人数で切って、列を解散してもらった事。

 

他の長蛇サークルの場合、販売冊数以上に並んでいてもカウントしないので、並んでいる途中で完売しました!とか言われて、じゃあ~今まで並んでいた時間を返せ!!と言う事になる事も多い。

 

それを避けた事は、かなりのコミケサークル参加上級者でもない限りは非常に難しいと言うか、その部分に着眼した時点で素晴らしいのだ。

 

こんな風に、買い物に来る側の心理まで掘り下げてシミュレーションもしてきたと思われる対応が非常に素晴らしかった叶姉妹の事を、もっと念頭に置いておくべきだったのだ。

 

 

コミティアに初参加してみて分かった事~とにかくサークルカットが大事

テキトーな絵で申し込んだらアカンと言う事だ。

 

時間が無くてテキトーなカットしか描け無かったのが8割がたの敗因だと踏んでいる。

 

と言うのも、欲しいまたは見に行くだけでも~と言う人の大半が、さっき買ったばかりのティアズマガジン(参加サークルのカットが載っている冊子)を見ながら~歩いていたからだ。

 

今買ったばかりなら、なるべく好みの絵が描かれているサークルを目指すのが当たり前になるだろう。

 

そこでページをめくっているうちに、好みの絵柄に遭遇できた時、そのサークルに行こうと思うのだ。

 

と言う事で、私の失敗その①は、サークルカットをしっかり描かなかった事と言う事になる。

 

 

スポンサードリンク

 

 

初参加で知名度が無い場合は、お値段は安い方がイイ

今回は、コピー新刊は最初っから破格設定にしておくべきだった。

 

お値段に価値を求めてくるのは別のイベントやジャンルと言う事にある。

 

 また、それなりに知名度が高くて価値があると認識されているサークルの場合は、それなりにお値段が高くても買いに行く人はかなり多いのだ。

 

新参者の初参加者が、サークル申し込み代金よりも利益を上げるには、この辺を念頭に置いておくべきだった。

 

安くてお買い得!

の方が、初めて見るものに対しての警戒感が薄れる心理をもっとリサーチしておくべきだったのだろう。

 

それと、コミティアと言うイベントでは、他のイベントでは普通にやっている「呼び込み」が出来ないのだ!

 

「良かったら見てってください~」

とか、

「この本は~〇〇です~!」

などの新刊の詳細などの呼び込みが出来ないので、ちょっと気になるけど見るか見ないか迷っている人に決定打を与えられないと言うもどかしさがあるのだ。

 

なので、サークル参加者はサークルスペース内で、置物の様にじぃ~~~っとしていなければならない。

 

その点が、人気も知名度も無いサークル参加者にはかなり不利な点だろう。

 

 

初心を忘れずに挑むべきだった

そうだ。

 

かつて、コミックマーケットに初参加した時も、かなりの閑古鳥を味わった事を思い出した。

 

当時は、若干ダミーサークル状態(大型買い物グループに所属していて、チケット入手のためにサークル申し込みをした経緯がある)だったので、同人誌販売は二の次だった時代もあったが、途中から私が同人作品を作るのに夢中になって行き~買い物グループからは独立した感じだ。

 

と言う事で、初参加のサークルに挑む心理としては、

 

初心忘れるべからず

 

だった事は言うまでも無い。

 

 

スポンサードリンク

 

 

次に、また初参加を目論むイベントがある~それは、文学フリマと言うイベント

だ。

 

文学フリマは、他のコミックマーケットコミティアなどのイベントとは違い、漫画やイラストは売ってはいけないイベントだ。

 

つまり、文字媒体作品オンリーイベントと言う事になる。

 

詳細↓

f:id:cloise:20170822153041j:plain

 画像クリックで別窓が開いてサイトに跳べる。

 

文字媒体限定なので、今回持っていった小説本などが推奨される世界だ。

 

また、最近はブログをまとめたエッセイ本なども注目される様にもなっているので、自作のブログ本もまた良いかも知れない。

 

創作小説が理想的だが、文字主体の本だったら何でもイイので、気になる方は一度サイトの方に行ってみると良い。

 

因みに、コミケとは違い地方都市でも開催されているので、自作の小説を売ってみたい!と言う野望をお持ちの方は、住んでいる地域に近いまたはドンピシャ!な開催都市が見つかる可能性が高いので、是非見に行ってみる価値はあると思う。

 

~と言うジャンルなので、文フリの場合はむしろ初参加の方が有利なんじゃないか?と踏んでいる。

 

文字媒体を好む人は特に、新しくて面白い作品を常時求めていたりするモノだからだ。

 

 

~と言う事で、

新規参入~初参加で参戦するイベントに行く時は、前もって色々とリサーチしておく必要があったと言うことだ。

 

今回は、それを失念していたことが敗因だ。

 

また、8月20日と言う、コミックマーケットが終わった直後と言う時期も悪かった。

 

次回参加するなら、直近に大きなイベントが無い時期に申し込もうと思う。

 

と言う事で、色々失敗や失念はあったが勉強になった~勉強するためにサークル申し込み代金や遠征費を払ったと思えば安いものだったかな。

 

と、自分に言い聞かせて~今回は終わろう。

 

 

スポンサードリンク