新しい、パソコンを☆買いたい!

ライターと絵描きの二刀流

スポンサードリンク

続・手描きイラストサコッシュ 影塗り編

10枚に影を塗ったけど、デジカメが電池切れで5枚だけ載せる

事にする。

 

本当は日中やりたかったんだけど、寒くて断念。

 

今も寒いけど、熱いコーヒー飲んだら朝まで何とか塗れそうだ。

 

とりあえず5枚載せるので、前回の線画と比較してみると良いかも。

 

 

ズラーーーっと載せて終わるので、おのおの何かを感じてくれるとありがたい。

 

 

影が上手く決まると、絵が上手そうに見えるかも知れない

ので、アニメをよく見て観察するのがお勧めだ。

 

f:id:cloise:20171125002342j:plain

 

 

 

f:id:cloise:20171125002406j:plain

 

 

 

f:id:cloise:20171125002434j:plain

 

 

 

f:id:cloise:20171125002500j:plain

 

 

 

f:id:cloise:20171125002523j:plain

 

 

スポンサードリンク

 

 

髪の毛長い&うねうねしている絵は、かなり精神力を削る

ので、脳内がかなり神経質と言う果糖分の消費速度が速いよ!

 

なので、甘味が必要だ。

 

今日は主にコレを食べて乗り切っていた・・・・

 

f:id:cloise:20171120192405j:plain

うーむ。

 

しかしもう、あと残すところ3枚!!

 

なので・・・

 

えげつないけど、黒砂糖をそのまま食べるとかするかも知れない。

 

と言う位、今手元に甘味が無い。

 

 

最後に、最も楽な工程である着色をする

私の中では、絵を描くと言う事は線画⇒ペン入れまでで、基本的に影入れからは作業とか工程の一つだと思っている。

 

当然着色もそうで、よくよく考えてみれば着色は誰でも出来る作業の一つだと思う。

 

アニメの作画だって、線画の部分(原画・動画)が主たる描画の部分で、線画を描ける人が最前線にいると言っても過言ではない。

 

しかし色は、実際のところ誰でも塗れる。

 

色を塗るパソコンの使い方を教わって、担当する動画に塗る色は決められているので、その通りに塗って行けばイイのだ。

 

と言う事で、これからやるのは誰でも出来る着色なので多分、線画の時と影塗りよりも作業時間が短く・・・・・

済ませたい所だが、ココが水彩のネックで、乾かないと次の色が塗れないとか、そーゆー事になる。

 

それと、色は色々用意してアレやこれや塗るのではなく、まずは黒!が入っているキャラに着色し終わったら次は赤!と言う様に、単色ごとに塗り進めて行く。

 

イメージとしては、こいのぼりを手作業で着色する工房の様なイメージだ。

 

アレも、赤!とか黒!とか、単色ずつ塗っていき、最終的に色とりどりにして行くのだ。

 

と言う感じで、次回は完成している所を載せたい・・・・

 

では、また。

 

 

スポンサードリンク