新しい、パソコンを☆買いたい!

ライターと絵描きの二刀流

スポンサードリンク

文章を作成したりブログ記事を更新するのが遅い人は、ネットで検索して調べる能力が低い?

日々、毎日毎日鉄板で焼かれるかのように記事作成しとりますが、検索して調べるのはまるで息吸って吐くかの如く~

自然な行為かと。

 

パソコンだと特に、画面上に何枚もページ開いて資料のページと記事作成しているページ(私はオンラインメモ帳と言う所で記事作成をする)を行ったり来たりして、記事作成ができるので便利だったりする。

 

ブログの記事もそうだ。

 

何かに対してのまとめ記事を書こうとなったら、決めたテーマの資料を収集するために、検索して開いたページを参考にしたりリンクを貼ったりして作業するだろう。

 

この、一連の作業がこの世の中には出来ない人がたくさんいる。

 

中学生でも普通にできている事が(長男が出来ている)、大人になっても全く出来ない人が居るのだ。

 

今回は、その辺を追求して行こうと思う。

 

f:id:cloise:20170708232403p:plain

 

記事作成が下手な人は、調べた内容を脳内で自己流に即変換が出来ない

参考にするサイトを見つける事は出来ても、オリジナル記事にするのが出来ない人は多い様だ。

 

多分、参考にしたサイトの記事の言い回しだったり書かれ方が脳内にこびりついてしまって、自分流な文章に置き換えるのに時間がかかってしまうからだろう。

 

そうなると、普通に記事作成していてもドコかで読んだ文章の様になってしまうし、納品した先でコピーチェックツールにかけられてコピペですか?と疑われる様にもなってしまう。

 

そんな事になるとまた新しく記事作成し直さなければならなくなるので、二度手間になって時間がかかってしまう。

 

時間がかかり過ぎると依頼者にも呆れられてしまうので、要注意だ。

 

サイトで知りたい情報を見つけたら、紙に直にメモって記事に加えたい文言だけ抽出する様にするのが得策だ。

 

それ以外の文言は、極力使わない様に別の言い回しを考えて、自分だけのオリジナル記事を作成する様にして欲しい。

 

 

スポンサードリンク

 

 

検索窓にキーワードを入れて検索する、その基本がまず出来てない人も居る

グーグルさんやヤフーさんで検索する時、検索窓と言う横長のスペースに何かしらの言葉を入れて検索ボタンを押すと、その言葉に関するサイトがズラーーーーーっと検索されて出て来る。

 

一つの言葉だけなら、その言葉だけで検索すればイイのだが、複数に連なる場合は一つ一つの言葉の間にスペースを入れて検索するのがお勧めだ。

 

しかし、最初の言葉を入れただけで既に、グーグルさんが過去の検索実績などから検索されそうな以下に連なるワードを勝手に表示してくれるので、その中に自分の検索したい並びがあったら、それをクリックするだけで良いのだ。

 

何と便利なのだろう。

 

しかし時々、それすらも出てこない希少なる検索になっている場合もあるので、その場合は自分で連なる言葉を入力して行くしかない。

 

そうして、検索されて出て来たサイトの数々を見て、自分が求める答えを探し出すのだ。

 

 

検索して出てきた内容を自分の文章にするのが苦手な人は、時間をかけて修行した方が良い?

文章書くのが苦手だったのに最近ライターになろう?と練習している友人が居るが、ハッキリ言ってその作業風景を見る限りでは、向いていないの一言に尽きる。

 

文章がある程度書ければ大丈夫!と思ってライターになろうとする人は多いけど、実際に仕事を受注してみたらその難しさに辟易してしまった!と言う話もよく耳にする。

 

絵を描くのが得意な人や、楽器を演奏するのが好きな人が居る様に、文章を書く事もまた向き不向きがあるのだ。

 

その向きや不向きを踏み倒して、苦手を克服してもやりたい!と言うのなら、止めはしない。

 

もう無理だ!と思うまで頑張ってみて欲しい。

 

それと、文章を書く仕事は自分の納得する記事を書く事も重要だが、一番重要なのは、依頼してきてくれた人が満足いく文章を書けなければ意味が無いと言う事に尽きる。

 

せっかく時間をかけて書いた文章でも、相手が気に入らなかったらゴミと同じなのだ。

 

 

もし、これからライターになろうと思っている人で、そんなに文章を書くのが本当は好きじゃない人は~

まずはブログで運試しをして欲しい。

 

え?

 

もうブログはやっている??

 

だったら、そのブログにコメント欄を表示させて、色んな人の意見を募って欲しい。

 

読みやすいのか分かりやすいのか?

 

読みにくいのか?ナニ言ってるのか分からないとか??

 

そーゆー、リアルの読者の言葉をぶつけて貰ってから、改めて挑戦した方が良いだろう。

 

また、文章書く仕事なので、書く速度を求められる事も多いので、1000文字程度の記事を書くのに1日~とかかかっていたら確実にアウトだ。

 

出来れば最長でも、3時間以内に終わる様にして欲しい。

 

因みに私は、1000文字程度の記事の最長作成時間は1時間で、最短作成時間は15分だ。

 

これを目安に、修行してみると良いだろう。

 

 

スポンサードリンク