新しい、パソコンを☆買いたい!

ライターと絵描きの二刀流

スポンサードリンク

ムラのある、気分で仕事のノリが決まるライターなので文字単価を上げられない日々が続いていたけれども・・・・

めっきりココナラで98%仕事しているけれども、文字単価の事は考えない薄利多売をしてきたけれども~

やっと重い腰を上げて、7月から主力の出品を1000円値上げした。

 

コレと、

coconala.com

コレ。

coconala.com

 

基本単価を、上のブログ記事10個は4000円に、自由なテーマの方は2000円にしたわけだけど、今までの薄利多売に慣れてしまったユーザーや、予算が無いけど記事が欲しい人にはちょっとお高い出品か?

とか思ってたんだが・・・・・

 

値上げ直後に2件依頼が入ったので、別段心配する必要は無かった模様~

 

因みに、ブログ記事10個の方は、将来的には5000円に上げる方向だが、今はまだその時ではないかな~と。

 

 

それでも、ランサーズのプロジェクト案件中心で仕事するライターに比べると、かなり安価に仕事を請け負っているので~

もう少しステップアップをしたいけど、なかなか微妙な所。

 

ココナラは確かに、自分の言い値で仕事が出来るある意味パラダイスの様な所だけど、スキルマーケットなので、自分のスキルを販売するにあたって、最初っから高額な設定をしていると何だか自惚れの様な気がして気が引ける。

 

最初、私も登録したばかりの頃は、ランサーズでタスク実績2000件以上と言うのを引っ提げてやってきたので、タスクの様なノリで仕事をする方向だった。

 

文字数も~500文字程度の短い文章作成を主としていたけれども、最近は1000文字以上の受注を中心でやっている。

 

そうなると、得意で楽なジャンルの記事なら1記事最速10分で書ける時もあるが、全部の記事が10分で書ける訳では無いので、時給とかそんな単価に計算すると全然時給1000円にもなれやしない事が分かる。

 

それと、アフィリエイターになった事があるまたはその分野に詳しい人なら分かると思うんだが、更新用のブログ記事は実は1記事だけでは足りない。

 

10記事とかまとまって入手した方が作業効率が上がるので、私の様に10個が1回の依頼で入る出品者は結構重宝されている。

 

ちょっと前は1記事ずつの受注をしている人が多かったが、最近ふと見まわしてみたら10記事納品します~と言う人が増えて来た。

 

これは、明らかに依頼者の要望に応えたいとかまたは、私の総受注件数とかを見たりして、10記事納品の方が人気がある?と気付いた人が増えて来た事になる。

 

つまり、今までライバルが存在していなかった一人勝ち状態が、そろそろ終わりを告げようとしているのだ。

 

f:id:cloise:20170703025843p:plain

険しい道のり~

 

 

スポンサードリンク

 

 

主婦ライター友がステップアップしているのを目の当たりにして、焦りを感じた

感じましたな~。

 

ウチ、夫が生活費を全然渡してくれないクソ野郎なのとあと、WEBライターって言う仕事を認めない、ネットで稼げるわけがないって豪語しているアホ野郎でもあるので、ライターで大きく稼いでこの家を清々しい気持ちで出て行ってやろう?的な野望を持っている。

 

生活費を出してくれないので、私の雀の涙の収入がいつもカツカツになってしまう。

 

自由に使えるお金なんて、月3000円位しか無い。

 

ので、趣味が必然的にお金が稼げる趣味になって行った~のは事実だ。

 

お金が稼げる趣味=絵を描いて売る事なんだけど、例の手描きイラストバッグを描いて売ったりする同人誌即売会に出稼ぎ?に行って、売りさばくのはとても楽しい。

 

しかし、同人誌即売会に出かける時は、ライターの仕事を少なからず犠牲にしなければならないので、その辺りが少々心苦しい事もありランサーズのプロジェクト案件に手が出せない状況なのだ。

 

すると、主婦ブロガー&ライター友がランサーズで実績を付けて更に収入がアップしたヨ!と言う記事を更新していたのを読んでしまった!

 

www.neetwifek.com

 

これは凄い!

毎日頑張った証だ☆

 

目標や夢は見ているだけならそこで終わってしまうが、実践することで現実に変えることが出来るのだと言う証明をしている。

 

それと確かにね、とあるランサーズのライターで伝説を築き上げている人がいるけれども、その人のブログを読むと、キリキリ働き通しでも無いのに結構な収入を上げている。

 

キリキリ書かなくても、アリンコの様な状態じゃなくても文字単価が高いと楽に目標にしている月収に到達できる事のだ。

 

そんな風に文字単価の高い仕事をココナラでやろうとするのは難しいけれども、ライター案件じゃなかったら出来そうだ?

(希望の絵を描きますとか)

とも考えるけど、記事を書く仕事の書いた記事のお値段をもう少し上げることが出来れば、ランサーズのプロジェクト案件なみの収入も期待できるんじゃないか?

 

と、踏んでいて二の足を踏んでいた期間が長かったのも確かだ。

 

なので、今月は他にもう1件、記事単価高めの新しい出品をしようと目論見中なのだが、ただ記事を納品するだけじゃ脳が無いので、ちょっと色々工夫して依頼してきた人の使いやすい?または利便性なども視野に入れた出品を目論んでいる。

 

新しい出品が受け入れられて依頼が継続的に来る様になるには、自分の願望~つまり文字単価を上げたい!とか収入を増やしたい!と言う願望だけをかなえるのではなく、依頼者にとってどんな出品が便利に感じるのか?とか、こんな風に記事を納品した方が使いやすいのでは?

とかを考えるのも、1記事当たり~1文字当たりの単価を上げる秘訣なんじゃないか?と思うのだ。

 

 

依頼者のニーズに答えつつ、自分の収入を上げる方法を常に模索できるのがココナラ

これは、ランサーズのプロジェクト案件では出来ない方法なので、ランサーズでしか仕事をしたことが無い人には良く分からないかも知れない。

 

ココナラと依頼者とのやりとりは、どちらかと言えば対等で、仲良くなるとお互いの生活状況まで語れるようになったりする。

 

中には、そのまま友達になったりして!

グラブルのフレンドになって~更に、私の騎空団に入ってくれた人も居て!!

 

と言う、面白い関係が築ける様になるのもまたココナラの良いところかもしれない。

 

それに、私の作業ペースにムラがあって、大きい案件を納品完了してしまうと1~2日くらい干物の様になってしまうので、そんなムラやノリで作業をするライターだとランサーズのプロジェクト案件みたいに明確な締め切りがキリキリ襲って来る作業形態に、途中で辟易してヤル気が出なくなりそうな気がしてならないのだ。

 

ただ、クソ野郎でアホ野郎のお蔭で毎月金欠確定状態から抜け出したい!と言う、守銭奴魂のお蔭で、地を這う状態からゾンビの様に這い上がり、毎日黙々と作業に打ち込んだりしている。

 

そんな状況を少し打破して、1回の1記事の単価を少し上げられる様に~精進していく方向だ。

 

とりあえず、6月も終わり今年も下半期に入ったので、年末までには今の状況の2倍以上の収入が毎月入るように~なろうと!!

 

願望で終わらせずに実行に移していきたいと思う。

 

って、この記事この段階で2700文字超えだよ!!

 

長いけど、ここまで読んでくれた方~ありがとうございます。

 

久し振りに長文ブログ記事を書いて、スッキリしましたぞ。

 

と言う事で、また!

 

 

スポンサードリンク