新しい、パソコンを☆買いたい!

ライターと絵描きの二刀流

スポンサードリンク

ライター初心者に告ぐ!細かい~500文字程度の自由記事をたくさん書くには、まず記事タイトルをたくさん考えるべし!

そもそも~500文字程度の自由記事は、一体何に使われるのか知らずに書いている人が多い

様ですね。

 

まぁ、~500文字程度の自由記事で良ければ書きやすいな!と言って引き受ける人も多いと思うんですが、その使用用途までは知らない~と言う人も多いかも知れませんね。

 

基本的に、短い短文の自由記事は、サテライトブログと呼ばれるブログに使われている事が多いです。

 

サテライトブログは、本命のブログだったりサイトのリンクを貼っているブログなんですが、そのブログを更新し続ける事により本命サイトの被リンクが生きて~本命サイトにもアクセス数が集まる様になる

 

と言う寸法だった様な~~

 

気が。

 

f:id:cloise:20170209122226j:plain

画像は、ある雪が降った日の朝~・・・・。

 

ああ、寒々しい!!

 

 

500文字程度の短い自由記事は、かなり大量発注される場合が多いので、記事ネタを常時探しておく~

必要がありますね。

 

特に探さなくても脳内で色々な出来事をいつも要チェックしていた場合は、色々な記事ネタを脳内にストックしていた事になりますか。

 

そんな記事ネタをですね、ノートとかメモ帳にガンガン書き込んでいくわけです。

 

実はこの記事を書いている現段階で、500文字程度の自由記事作成を120記事(依頼者4人で)請け負っている状態なので、それはもうアホの様に記事ネタを練りまくりましたねー。

 

毎朝見ているニュース系番組の中でも、面白そうなネタがあったらもう確実に!記事ネタとして要チェックしまくりの状態になっているのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

多分どんな記事でも、タイトルを考えておけばサクサク記事作成が進む~

と思いますね。

 

一から、何書いたらいいんだろう?と考えを巡らせている時間があったら、1記事でも書いた方が絶対イイんです。

 

考えている暇があったら~と言うのは正にこの状況と言えるかもしれません。

 

考えるヒマがあったら手を動かして記事タイトルを考えるのもまた仕事のウチなので、ここはいっちょ頑張って色々考えて行きますかなー☆

 

そうやって記事タイトルを書いておくと、後々また入る記事作成に困らないので、是非やってみてください。

 

それと、この500文字程度と言う記事作成は、書いていて気付くと思うんですが、割と書いた後にスッキリ?と言う感覚を覚える事が出来る意外と達成感が得られる仕事なので、まだ書いた事が無い~と言うライター初心者の方はランサーズのタスクの自由記事の募集などで練習してみると良いでしょう。

 

と言う感じで~今日も今日とて記事作成をしていますよ!

 

と言う事でまた。

 

 

スポンサードリンク