新しい、パソコンを☆買いたい!

ライターと絵描きの二刀流

スポンサードリンク

ニュースサイトのSpotlight(スポットライト)に書いた、記事の補足説明!油彩で萌え絵を描く、蒲谷カバヂさんってどんな人?

今回は、Spotlight(スポットライト)に寄稿した記事の補足説明です。

記事内ではあまり詳しく書けなかったので、ココではちょいと詳細に掘り下げて行きますよ!っと。

 

そもそも油絵で、萌えなんか描けないと、ずっと思われてきた背景が~

ありました。

 

油絵って、写真みたいな描写が出来る油絵の具を使って描いているんですが、この油絵の具が結構高い&ちょっとの面を塗るだけでも結構絞り出すんですよ。

 

1色、40ml入のチューブでなんと!(色によって違いますが)

 

1000円近くします・・・・。

 

画材店によっては割引してくれている所も有ったり、あと高い色(40mlで2000円以上)もあったりするのですが、それなりにイイ感じの絵を描こうと思ったら20色位必要~との事なので、軽~~く絵の具だけで1万円以上かかってしまうのです。

 

絵の具だけでは絵が描けないのが油絵~溶き油や筆洗い用の油、それと一番大事なのが~

絵を描くキャンバスです。

 

麻の布地を加工したキャンバス地を木枠に張った張りキャンバスや、木枠に板を張ってある木製パネルなどに描くんですが、これらは高くないと言っても1枚で500円~(上限不明)サイズによって値段が高くなって行くんですが、カバヂさんがよく描いているサイズであるF3だったら、500円程度で入手可能だと思います。

 

木製パネルも、大体同じ位の価格設定になっているのですが、どちらでも描きやすい方に描いて行ってみてください。

 

あと、筆ですが、筆は結構な消耗品なので、よっぽどお高い筆が好き!と言う方以外は~ダイソーで売ってる100円で4本位入っているヤツで大丈夫です。

 

で、肝心のカバヂさんの補足説明ですが~~

はい。

早速補足説明しますが、蒲谷カバヂさんはもともと漫画家出身の人で、とある有名漫画賞の受賞経験があります。

 

ただ、その後・・・・漫画を描けなくなってしまった様ですが、(色々あったそうです)某有名漫画家のアシスタントとして仕事をする事になります。

 

某有名漫画家って?

 

そうですね~ヒントは、主人公が探偵だったり~

よく言うセリフが、じっちゃんの名にかけて!

 

とか、そんな感じの漫画です。

 

時々ニコ生で、あの漫画のこの背景は殆どオレが描いたからねー!とか言っているので、単行本を持っている人は読み返してみると良いかもです。

 

って、どの辺なのか~は私も、どの絵を描いているニコ生で喋っていたかウロ覚えなので何とも言えませんが、割と結構な量の背景描写をしたと言っているので、そうなんだろうと思います。

 

それと、何年か前にアシスタントは辞めてしまったので、単行本で確かめる際は、2~3年前までに刊行されている巻で確認してみてください。

 

油絵は、美術の専門学校で習った~

そうです。

 

専門学校で習っているうちは、よくある絵画的風景画とか人物画とかを描かされて~習っていたのですが、ある日ふと、油絵で萌え絵は描けないだろうか?と思って描き始めた~と前に聞いた事がありました。

 

でも、その時は飲んでいて酔っ払っていたから忘れちゃってるかも知れませんが~笑

 

で、描いてみた東方project霧雨魔理沙と言うキャラの油絵を、ヤフオクに出品してみたら・・・・・

 

何と!

 

80万円と言う値が付いた!

 

のです。

 

ヤフオクイラストオークション史を塗りかえる出来事でした。

 

この高値での取引が話題となり~一躍有名人になります

なりましたねー。

 

私も、その絵がいくらで落札されるのか見守っていた人の一人ですが、まさかそんなお値段になるとは思いもよらなかった!

 

そんな光景でした。

 

でも、この高値での取引が引き金になって、油絵で萌え絵~と言うジャンルが確立されて行った様な気がします。

 

それに認知度も高まって行ったので、このジャンルでの活動がかなりしやすくなったかもしれませんね。

 

現在は、職業同人絵描きとして活動~

しています。

 

主に油絵で二次創作の日々ですが、時々オリジナル作品も描かれています。

 

今年は参加されなかったのですが、一昨年のニコニコ超会議では、こんなデカ!い絵を描かれていました!!

 

f:id:cloise:20160506203934j:plain

あれ?

この絵ってそんなに大きいの?

 

ああ~、確かに比較物が無いと分かりにくいかも知れませんね~。

 

と言う事で、実際に比較している画像がコチラ!

 

f:id:cloise:20160506204117j:plain

何と・・・・・

 

人間の等身大です!!

 

 

因みに、この絵のサイズは100号と言うサイズで、普通はそれなりの美術館での展示用に描く絵などに使用するサイズ~と言う事になります。

 

こんなにデカ!いので、当然絵の具の量もハンパ無く・・・・・

 

ただ、この絵はまだ自宅にあるそうなので、買ってくれる人を随時募集中だそうですが、どうでしょう~笑

 

と言う感じで、ざっくり~でしたが、カバヂさんと言う人が、

分かったかどうかは~分かりませんが。

 

とりあえず、気さくで誰にでも自然と話せる感じの人~なので、イベントなど行かれると言う方は、是非!話しかけてみてください。

 

ただ、実は痛風持ちなので、時々気分悪そうにしている時もありますが、そんな時はあまり話しかけない方がイイのかな?

 

まぁ、その辺は適度に対応してみてください。

 

と言う事で、また次回!

 

あ、忘れてましたが、今回の記事はこのサイトに投稿したこの記事の補足説明です!

next.spotlight-media.jp

 

 

 

 

スポンサードリンク